住宅を建築する際には守らなくてはならない法律や規定がいろいろとあります。ですから、戸建て住宅を建築するのなら最低でも「建蔽率(けんぺいりつ)」と「容積率」については知って

戸建て住宅を考えている人向けの基礎知識
戸建て住宅を考えている人向けの基礎知識

「建蔽率(けんぺいりつ)」と「容積率」

戸建て住宅を考えている人向けの基礎知識
住宅を建築する際には、建築基準法や都市計画法など守らなくてはならない法律や規定がいろいろとあります。
そのひとつに「建蔽率(けんぺいりつ)」と「容積率」というのがあって、都市計画で用途地域ごとに制限が定められていて、建築基準法でその制限を上回る建物を建ててはならないことになっています。
ですから、戸建て住宅を建築するのなら最低でも「建蔽率」と「容積率」については知っておくべきといえます。
「建蔽率」は、土地面積の何割を建物用に使えるかを定めたもので、100の土地で建蔽率が50%なら50を使用して建物を建築できるということです。
ですから当然、建蔽率が大きければ大きいほど、建物用に使用できる面積が広くなるので土地として利用価値が高いといえます。
しかし、戸建て住宅地では小さい方が「ゆったりとしてよい」という評価もあるのです。
ただ、建蔽率が30%の土地は建設しにくいという理由から住宅地としても敬遠されがちです。
「容積率」は、その土地に建設できる建物の延べ床面積を定めたもので、100の土地で容積率が100%なら建設できる建物の延べ床面積は100ということです。
ちなみに延べ床面積というのは、2階建てなら1階と2階の床面積を合わせた床面積の合計のことです。
通常、この建蔽率と容積率はセットで土地に対して表記されていて、その土地の利用価値に対する大事な目安になるといえます。
ちなみに、一戸建てが集まる住宅地では、「建蔽率50%で容積率100%」というのが基本の数字になることが多いので、それを基準に考えると良いかも知れません。
また、この建蔽率と容積率から、その土地にどのような戸建てが建築できるかが分かりますし、逆に建てようとする戸建てにはどのような土地が必要なのかが分かります。
このように、建蔽率と容積率を理解しておくことで様々なことが分かってくるため、この2つについては最低限の知識として知っておくと良いでしょう。

Pick Up



Copyright(c) 2017 戸建て住宅を考えている人向けの基礎知識 All Rights Reserved.