工法をどうするかは戸建て住宅を建てる時に悩むポイントといえます。どのような工法があるのかを知っておくと役立つことでしょう。

戸建て住宅を考えている人向けの基礎知識
戸建て住宅を考えている人向けの基礎知識

戸建ての様々な工法

戸建て住宅を考えている人向けの基礎知識
どの工法で建設するかという点も戸建て住宅を建てる時に悩むポイントといえるかも知れません。
一般的に戸建て住宅なら木造建築が多いでしょうが、在来工法かツーバイフォーかで悩むこともあるでしょう。
また、戸建て住宅の建築方法には木造建築以外にも、軽量鉄骨造・重量鉄骨造・鉄筋コンクリート造というものもあります。
ですから、どのような工法でどのような特徴があるのかを知っておくと役立つことでしょう。
遠い昔の木造住宅は木を組んで家を形成した原始的な方法で建設されていました。
しかし様々な点で問題点があって、その制限をクリアするために考案されたのが、柱と梁で建物を支えて壁は土を練って塗り固める「軸組工法」です。
古くから日本にあった建築方法ということで、「在来工法」と呼ばれています。
軸組工法は大量の木材を使用しませんし、大きな開口部も設けやすいなど高温多湿の日本に適した建物といえるかも知れません。
ツーバイフォー工法は欧米で発達した建築方法で、2インチ×4インチの角材とベニヤ板でパネルを作り、それを床や壁にして造り上げる工法です。
箱のような構造なので水平方向の力がかかっても変形しにくいため地震の揺れに強いといわれています。
その他欧米では、2×6(ツーバイシックス)や4×8(フォーバイエイト)というのもあるようです。
在来工法の木の柱と梁の代わりに、鉄の柱と梁を組み合わせた工法が「軽量鉄骨造」で、鉄骨と鉄骨の接合方法が溶接になって鉄骨が太くなると「重量鉄骨造」です。
頑丈な構造ですが一般の戸建て住宅に採用されるのは軽量鉄骨造で、しかも希なケースといえます。
スバ抜けた頑丈さと耐用年数が特徴なのが、マンションと同じ工法の「鉄筋コンクリート造」です。
ただ、戸建て住宅としては建設費が高くなるので、極限られた人が建設する住宅といえるでしょう。
簡単に説明するとこのような工法があるので、どの工法にするのかは特徴やメリット・デメリット、費用など詳細を調べて検討すると良いでしょう。


Copyright(c) 2017 戸建て住宅を考えている人向けの基礎知識 All Rights Reserved.